新着情報

 ・2018年  5月 1日 blog【O様邸新築工事・完成】更新しました

 ・2018年  5月 1日 blog【*ゴールデンウィーク*休業のお知らせ】

 ・2018年  4月 27日 blog 【O様邸新築工事・造成~上棟】更新しました

 ・2018年  4月 24日 blog 【施工例 O様邸】更新しました

 ・2018年  2月 20日 blog 【I様邸・外構工事】 更新しました

         

建売分譲予定

  【所在地:美作市川北】 電話、メール、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい♪
   
 

建築条件付き土地・太陽光用土地あります

  【住所:美作市楢原 分譲地 広さ:6区画 】  詳しくはこちら   【住所:美作市江見 分譲地広さ:343.21㎡ 】  詳しくはこちら OLYMPUS DIGITAL CAMERA   すまいる岡山の島木材の物件はこちら  

太陽光発電

太陽光発電システムの仕組み

屋根に設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり、余った電気を売ったりできるというしくみです。

太陽光2

売電・買電について

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。

光を電気に変えるしくみ

「太陽光発電システム」では、シリコン半導体に光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の「光エネルギー」を直接「電気エネルギー」に変換して活用します。
太陽電池モジュールの発電によって生まれる直流電力は、パワーコンディショナによって、一般に利用できる交流電力(電力会社が供給するのと同じ)に変換されます。「太陽光発電システム」には、商用の電力線とつなげる「系統連系システム」と、発電した電気をバッテリーに蓄えたり、そのままで使う「独立電源システム」があります。一般のご家庭や学校、病院などの公共施設、オフィスやショッピングセンターなどの商業施設で使われる「系統連系システム」では、昼間に発電した電気はそのまま利用し、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電して電気を買い取ってもらうことができます。これを「売電」(ばいでん)と言います。
 また、曇りや雨の日、夜間など、発電電力量が少なかったり、全く得られない場合には、足りない電力量のみを電力会社から購入します。
このやりとりはモニター画面でリアルタイムで確認できるため、暮らしの中で自然と省エネを意識することができます。「独立電源システム」は、防災用の電源として、あるいは電力線を引くことが難しい海外の無電化地域の生活向上など、さまざまな用途で活用されています。
太陽光発電  

お問い合わせはこちら

お問い合わせバナー

取り扱いメーカー一覧

image1 image5 image4 image3 image2   image7 image10 image6 image9 image8   image15 image14 image13 image12 image11
 

※その他のメーカーも取り扱いしておりますのでお気軽にお問い合わせください

過去の記事